税務調査に対応するためのスキル

個人事業主として会社を経営している場合には、所得に応じて税金を納める必要があります。通常の法人だけでなく、個人事業主であっても税務署が調査に訪れるという事は十分に考えられますので、きちんと対策をしておく事が大切なスキルです。税務調査は年収に関係なく、事業を行っていれば調査に来る可能性はあります。そのため、会社の売上金や利益、そして経費については必ず事業を行った年のうちに申告しておく必要があるでしょう。税務に関して調査される可能性の高い項目としては、「期間の差」が最も多い項目となります。これは、本来は申告する必要のある売り上げなどを翌年に持ち越すなどの行為を指し、万が一事業者がこのような行為を行っていた場合にはより多くの税金を取られる事になってしまうのです。

また、交際費などについても税務調査が行われる事もあります。特に、事業に関連しない部分で経費として計上された予算については、その使い道について細かく質問をされる場合があります。この調査において、事業のために使われた予算である事を証明することが出来る領収書などの証拠を揃えていなければ、脱税行為が疑われてしまう可能性があります。そのため、何の目的でどのお店を利用したのかをきちんと説明できるようにメモを残しておくことも重要なスキルだと言えるのです。常に調査にそなえて、しっかりと記録を残しておく事は、自分の会社を守るという事に直接繋がります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です