フリーエンジニアの業務委託での仕事

会社勤めのサラリーマンとは異なり、フリーランスエンジニアは能力が収入に反映されやすい働き方です。その為、技術者としてのスキルを活かしやすい仕事となるので、エンジニアとしてのモチベーションも上がります。フリーのエンジニアは人脈が豊富でコミュニケーションスキルの長けた人材であれば、新規のクライアントから仕事を依頼されるケースも増える為にサラリーマンとして働くよりも収入が上がる事が期待できます。しかしながら、フリーランスエンジニアがクライアントから仕事を請け負う際には報酬を重視するだけではなく、契約内容の詳細に留意しなければなりません。とりわけ、業務委託の場合は委任や請負などの異なる契約形式があり、報酬の支払われ方に差が出る為に契約内容と共に詳しく把握しておくべきポイントです。

一般的な委任契約は、エンジニアの請け負った仕事の成果に係わらず報酬を受け取る事ができます。制作を依頼されたプログラムの評価の判断は難しくなる為に委任形式の仕事となる事が一般的です。しかしながら、請負契約の場合は予め厳格な基準が定められ、プログラムにバグ等の不具合が無いことが条件となります。万が一契約書で規定された条件にそぐわないプログラムを納品した場合、契約不履行となる為に注意が必要です。より質の高いプログラムの制作を依頼される場合は請負契約が基本とされます。
請負契約の場合は様々な条件が付けられた契約となるので、契約書の確認で契約不履行を回避するべく、まずは現在のスキルで充分に対応出来る仕事であるかどうかを検証しなければなりません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です