個人事業主が税務調査時に頼れる人材

税務調査は適切に税金を支払っているかを確認する税務署の作業です。これは法人化された企業だけでなく、個人事業主の元にも数年に一度の頻度でやってくることがあります。この税務調査では、相当程度突っ込んだ質問をされることがあり、税制や経理についての知識がないとうまく税務署員の質問に答えることができません。したがって税務調査においては、税金や経理のプロが非常に役に立ちます。

具体的には、税理士を始めとした外部の専門家が挙げられます。彼らは税務署とのやり取りも得意としていて、調査についても何を用意してどう答えればいいのかを熟知しています。税務職員の難しい質問にも適切に答えを返してくれますし、脱税の疑いをその場で晴らしてくれるので安心です。もしも間違いがあったときにも、修正申告のやり方を教えてくれるので、追徴金を支払うケースを回避できます。追徴金は非常に利率が高くなっていますし、売上の額が少ないタイプの個人事業主なら、儲けが吹き飛んでしまうかもしれません。最悪の事態を回避するためにも、常日頃から税理士の先生に経理を任せて、調査が入ったときにも対応を一任するのが賢い方法になります。

若い税理士なら、月々二万円程度から顧問として雇うことができますし、会社が成長していないときは、若い税理士に仕事を任せておくのが費用対効果の面で有利です。法人化すれば、経理の人間を雇うことで税理士の代わりにできますが、どちらにせよ、お金の計算ができる人材は味方につけておくのが得策です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です