IT業界で独立するには

フリーランスエンジニアになるためにはまず何をすればよいでしょうか。そもそもフリーランスとは特定の企業や団体に属さず、自分自身の才覚と能力だけで仕事をこなしていくという働き方のことを言います。そのためフリーランスになるためはまず企業や団体から独立し、自分ひとりの力ですべてを切り開いていけるだけの能力を身に付けなければなりません。もちろんエンジニアとしての力量が要求されるのは言うまでもありませんが、仕事をもらってくる営業力やクライアントとのコミュニケーション能力など、さまざまな技能が必要とされます。そうした技能を早いうちから身に着けておくことが、フリーランスエンジニアとして自立するための第一歩です。エンジニアは定年が早いと言われますが、それは独立してフリーランスとして働く人が多いからです。

そしてそういう人は、会社勤めをしている頃からさまざまな準備をしているものです。たとえば法律上の知識を習得することです。フリーランスで活動することになれば、業務委託を通してクライアントから仕事を受注します。その際に契約書に目を通して自分に不利益な条項がないかを確認しなければなりませんが、その際に法律上の知識は欠かせません。また、クライアントを見つけることも難しいことですから、フリーになる前から人脈を培っておくことも必要です。独立してしまうと人との交流もなくなってしまいがちですから、そうなる前にあらかじめ人脈を広げておくことが大切です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です